紫陽花ラン
 田澤 朋子
 2011.6.20投稿
 


  紫陽花お花見ラン、走ってきました。今回は、Aさん、S女史、ミスターK氏とです。
お茶の水のセカンドウインドを拠点に飛鳥山を目指しました。セカンドウインドの受付では、尾崎珠美さんがいて、その足の細さにビックリ!。細くて真っ直ぐで、筋肉のかけらも見当たりませんでした。

 文京区の「白山紫陽花祭り」に併せていったのですが、白山神社は、小さなかわいらしい神社ですが、色とりどり、種類も豊富な紫陽花を堪能できました。そこから、千駄木の「須藤公園」へ。ここは以前から気になっていた公園でしたが、加賀金沢藩の御大名庭園跡で、小さいながら起伏にとみ、滝などがあって、予想以上にとってもいい公園でした。そこから、「吉祥寺」・・・こんな所にこんな規模のお寺が、といういいお寺です・・・、「六義園」「旧古河庭園」前を走り一路、王子へ。














 しばしランに徹し、目的の「飛鳥山公園」到着。園内は桜並木なので、新緑の香りを感じながらウォーキング。公園の端にたどりつくと、小さな小さなモノレールがあります。16人定員、軽自動車よりも小さなモノレールです。でも「アスカルゴ」という名前が付いていて、飛鳥山の頂上から王子の駅前までの上り下りを頑張っています。乗車時間一分余り。このご時勢にあって、運賃は0円。北区の方ありがとう!
です。ちょうど紫陽花が眼下に広がり、短い時間ではありますが童心にかえりはしゃいでしまいました。
また、飛鳥山の山肌には紫陽花がず〜っと、ず〜っと咲き誇り、小鎌倉にでもいる気分を味わえました。飛鳥山は春は桜が楽しめ、徳川吉宗公(飛鳥山の桜の植樹者です)ありがとう、です。 

 お茶の水から王子、というと「え〜」っと思われるかと思いますが約10キロと案外走れる距離ですよ。 今回のコースは私の大好きな「坂」は1つ、2つなので走り易いと思います。
今回はK氏がいらっしゃったので、沢山を写真を撮ってもらえました。 定例行事の「桜のお花見ラン」に、「紫陽花ラン」が加わりそうです。花の開花時期は短いので、毎日でも走りに行きたい程で、困ってしまいますね。
桜にしろ、紫陽花にしろ、まだまだ行ってみたいところが沢山あるので、また来年のお楽しみです。

★別の日、街散歩で見つけました・・・愛宕山のふもとの「萬年山青松寺」です。  目立たないお寺ですが、古刹らしく、紫陽花が控えめに咲いていてとっても素敵でした。

 ホームに戻る

 Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved.