会員便り 本文へジャンプ
四国・徳島一国
ひとり歩きつづき遍路
小川 覚司
2009.7.8投稿

 3月につづいて徳島の小松島18番恩山寺から23番常楽寺を打ってきました。


 第1日目
 千葉からジパング倶楽部を使って高松へ、元会社の仲間と一献を楽しんだ。  

 第2日目 徳島駅前から18番恩山寺〜20番鶴林寺山道入口
     27キロ 歩き7時間 42305歩
  徳島駅にへんろ姿そのままで降り立ち、国道55号線を小松島へ、車の往来が激しく信号待ちの車が私を見て会釈をしてくれ、最初は照れくさかったが、だんだん笑顔で応える事ができた。
 小松島警察署から森の中の恩山寺へ、参拝をすませて次の立江寺へは5キロと短い、寺の近くで道に迷ったが無事に納経をすませ、10k先の今日の泊まり「金子や」へ。
 宿屋で一人歩きの40歳代のオランダの女性から日本語片言で英訳ガイドブック片手に質問されウーン・・・食事のとき笑顔で聞かれたがオーノーであった。

 第3日目 20番鶴林寺山道入口〜22番平等寺
      23キロ 歩き9時間  38330歩
 四国難所は、一に焼山、二に太龍、三・四がなくて五にお鶴と言われている鶴林寺と太龍寺を一日で歩くので、7時前に3キロ先の標高差470メートル鶴林寺へ、平地は苦にならぬが登り道は苦手だ。
 鶴林寺で青銅の二羽の大きなツルが空に向かって立って迎えてくれた。変な外人も20分後に到着。
 ツル寺を立ち、那珂川に架かる水井橋からの景色が山・川・釣り人ありで絶景、しばしウットリと眺めた。橋を渡り、登り7キロで太龍寺、ここはロープウェーで登ってくる方が多く、「歩き」と聞かれ「そうだ」と答えたら「ウソーー貴方が、信じられない」だとさ・・・・・・ほっとけ。
 車道や竹林道をひたすら歩くこと12キロ、空模様が怪しくなったが4時過ぎに「宿・山茶花」に到着。9時間の歩きで本当にしんどかった。1時間後に変な外人も着く、ホンマによくやるよ。
 泊り客6名(女4人、男2名)、美人外国女は焼酎ロックで我々と盛り上がった。
 

 第4日目 22番平等寺〜23番薬王寺
      26キロ 歩き6時間30分  41824歩
 今日で、徳島打ち止め、23番楽王寺までは21キロと聞き、気楽にかまえて8時過ぎにスタート。
 田舎道を登り・下りして、国道55号線に入り、300メートルと200メートルのトンネルを肝を冷やしながら通過したら分かれ道、遍路道らしき方向へ2キロ歩いて、尋ねたら「こっちは旧へんろ道、こちらの方が面白いよ」とのこと 歩くこと2時間で由岐町田井ノ浜の海岸へ、天気がよく、迂回道の海岸へでたら波のシンフォニー、大きな波・小さな波が打ち寄せ、心が晴々とした。
 本物のへんろ道を歩いて2時30分に徳島最後の23番薬王寺参拝し、寺前のさぬきうどん屋でビールで乾杯、女店主から「どちらから」と聞かれ、乾杯ビールの接待うけたとたんにうれしくなっちゃった。(まだ煩悩が・・・・・)
 
 

 感想・完歩
 3月も今回も天候に恵まれご利益ここにありの遍路旅でした。
 徳島遍路は、山道が多く、登り・のぼりそして下りと難所の地で、通常は8泊するところを7泊で完歩、疲れましたが走りと違う楽しみを味わいました。
 次は高知の旅、いつになるのでしょうか



 ☆関連投稿  
   歩き遍路(2009.5.17)
四国・徳島一国、ひとり歩きつづき遍路(本投稿)
   つなぎ遍路 ひとり歩き高知、修行の道場(2009.11.11)
   つなぎ遍路 ひとり歩き「修業の道場パートU、高知編」(2010.5.5)
   ひとり歩きつなぎ遍路「修業の道場(高知県)」から「菩提の道場(愛媛県)」へ(2010.6.29)
   一人歩きへんろの旅(2010.12.21)
   結願・・四国一人歩き遍路、延べ49日1200キロ(2011.5.5)


ホームへ戻る
Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved