会員便り 本文へジャンプ
つなぎ遍路
ひとり歩き高知、修行の道場
小川 覚司
2009.11.11投稿

 3月・6月につづき、NHK朝ドラ「ウエルかめ」の舞台地、23番薬王寺日和佐海岸をスタート、 室戸岬から高知への延々とした海岸線をひたすら歩き、めまぐるしく変わる天候に悩まされ 修行の地・道場を歩いてきました。


 第1日目 23番薬王寺から徳島県海部町
         8時間  30キロ
 土佐最初の札所、24番最御崎寺(ほっみさきじ)まで80キロ。室戸岬までの第三弾のはじまり。
 歩くこと1時間で690メートルの日和佐トンネル、行き交うトラックの轟音に肝を冷やされ、これから先、トンネルが多いので恐怖の連続だ。
 旧へんろ道の大阪峠・松阪峠の登り・下りは大変だが、海がきれい。あじでいかをねらっている人と話す、明け方5時から釣れないとは、なんともノンビリしたお話。海部駅前「みなみ旅館」に着き、逆打ちのオバァちゃんとへんろ談義で盛り上がる。足に血豆ができてる。

 第2日目 徳島県海部「みなみ旅館」から室戸岬手前の「民宿徳増」
         9時間  36キロ
 今日もながーい海岸線をひたすら歩く、出発のとき、宿から握り飯2ヶのご接待。2時間後にへんんろ小屋で足に血豆ができ歩けないとボヤいてる仙台のおっさんに会う、ムリをしたら身体をこわすだけ、明日はわが身と気持ちはわかる。
 東洋大師を過ぎてからの26キロは、林立した自販機がひとつもない。ペットボトル2個を少しづつ飲んでひたすら歩く、はきれいで大きな岩肌に波が砕け、釣り人・サーフインを楽しむ人等、すばらしい景色を眺めながら、今夜の宿「徳増」に3時過ぎ到着。明日は、雨の予報、足の血豆がひどくなり心配。

 第3日目 室戸岬手前「民宿徳増」から26番金剛頂寺
         8時間30分  26キロ
 目が覚め、空を眺めると雨はなし、太平洋から見事な朝日が昇り、宿泊者全員が歓声をあげる。
 7時前に同じへんろ道を行く仲間3人と抜きつ抜かれつ、ブルーグレィの宝石のように耀く海を眺めながら、とにかくとにかく延々と歩く、歩き遍路にとって、とても辛い区域だ。また「ごちそうさま」と言いたくなるくらい海しか見えない道がつづく、独特な「行」だ。大師もこういう気持ちで歩かれたのだろうか・・・・・。
 そうこうしているうち、大師が若い時代に修行した「御厨人洞(みくろど)」に着く。この洞窟は、へんろの方でなくとも一度は、見たいと強く魅かれる場所のひとつです。
 肌寒いと思ったら、急に天候が変わり雨が降ってき、洞窟で雨具に着替える。雨が激しくなり、室戸岬を過ぎて登山道から標高145メートル、1キロ先の24番最御崎寺に着いたら、室戸岬の突端にきたーと感激にひたるが雨で眺めはダメ。
 24番寺から急勾配の下り2キロと国道5キロ、寺の参堂108段を登ると25番津照寺。次は26番、本日の宿坊金剛頂寺へ、5キロ歩いた後、高低差145メートルの旧へんろ道1キロを激しい雨に打たれ、雨で川のように流れる山道をへばりながら登り到着。
 金剛頂寺宿坊は清潔な宿で、海の幸・カツオのたたき・混ぜご飯等、お勧めの宿である。

 第4日目 26番金剛頂寺から27番神峯寺
         9時間  27キロ
 昨日のうちに血豆は針と馬油で手当て、夜半から冷えたか腹の具合がよくなく眠りが浅い、朝食が入らず、お茶のみで7時前に例の3人仲間とスタート。
 寺から2キロは狭く、石ころだらけの旧へんろ道を下り、国道55号線に出る。雨はやんだが風が強く、1時間に3キロ進むのがやっと、羽根岬から山道へ入り中山峠の登り、これがまたキツい、峠を超えて海岸への下り2キロは、朝食を抜いたのがきいてヘトヘト、血豆はなんとか我慢できたが、昨日の雨でリュックや衣類が生乾きで重く肩にのしかかってくる。国道までは仲間に一歩もひけをとらなかったが、平坦の地に出たとたん疲れがドドーとでて、一休みしたらみんなに措いていかれ一人歩き。風はあいかわらず強く、疲労もピーク、宿の「浜吉屋」に4時過ぎに着き、足の血豆の治療で風呂に入らず、夕飯を食べてバタンキューと寝てしまった。



 第5日目 浜吉屋から27番神峯寺
         2時間30分  8キロ
 宿を7時前にでて、登り4キロ27番神峯寺、朝1番でお参り、すがすがしい気持ちになり、下りの4キロをユックリ・のんびり歩き「土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線、唐浜駅」に到着。
 今回は、体調も今一つなので、これにて打ち納めとしました。

 感想・完歩
 高知へんろに入り、平坦でながーい距離を「歩くだけーと漠然(安楽)」に思っていたのが・・・・・血豆や腹の具合が悪かったり、自然の雨・風に打たれたりと「本当の修業の道場」体験でした。長い距離は、リズムをつくり、ユックリとムリをしないと・・・・反省がいっぱいですが、次には、春の足摺岬を目指すぞーー。



 ☆関連投稿  
   歩き遍路(2009.5.17)
   四国・徳島一国、ひとり歩きつづき遍路(2009.7.8)
つなぎ遍路 ひとり歩き高知、修行の道場(本投稿)
   つなぎ遍路 ひとり歩き「修業の道場パートU、高知編」(2010.5.5)
   ひとり歩きつなぎ遍路「修業の道場(高知県)」から「菩提の道場(愛媛県)」へ(2010.6.29)
   一人歩きへんろの旅(2010.12.21)
   結願・・四国一人歩き遍路、延べ49日1200キロ(2011.5.5)


ホームへ戻る
Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved