会員便り 本文へジャンプ
ひとり歩きつなぎ遍路
「修業の道場(高知県)」から
「菩提の道場(愛媛県)」へ
小川 覚司
2010.6.28投稿

 37番岩本寺から足摺岬を巡り、打ち戻り愛媛県宇和島41番龍光寺まで、10日間220キロの歩きへんろでした。


 岩本寺から足摺岬38番金剛福寺へ、そして打戻り 5泊107キロ
 列車で窪川駅に昼過ぎ到着。 天気予報は晴れなのに大雨、雨合羽を着て完全武装するもトラックの水しぶきを頭から浴び、ズブ濡れで岩本寺宿坊に、風呂場で通しへんろのオッちゃんOさんに血豆と靴の乾しについて一席ぶたれ、即実行、明日乾くことを期待。
翌朝6時の勤行にチコク・・・朝食後7時出立、37番から38番寺までは88ヵ所中最も長い87キロ。小雨降る湿った山道を14キロ歩き、海に見えたら土佐佐賀漁港、雨が上がり明るくなった。
歩道の狭いトンネルを過ぎ、「民宿たかはま」へ、27キロも歩いた。宿からの海の眺めは素晴らしい、部屋・風呂・トイレも清潔、泊まりは私だけ、宿のオッさんが気作で高知産の栗焼酎「タバタ大振」を味わう、とにかく旨いと思った。

おかずの多い朝食をたいらげ好天の7時にスタート。大きな海岸、林道を歩き、この先が四万十川と思うとウキウキしてくる・・・・・・ 四万十川は雄大できれい、素晴らしい川だ。
四万十大橋を渡り、チョイ有名な「うどん屋田吾作」でうどんを食べてから、荷物を車で運び身軽に先達と共に15名の「歩きへんろツァー」の一団、これも歩き遍路か?・・・・
5キロ先は1620メートルの長い新伊豆田トンネル、トラックの轟音、バイクの爆音・・イャーすさまじい。肝を冷やしながら25分かけて通過、川沿いのへんろ道を歩き、今夜の宿「民宿いさりび」に3時前到着。
宿の部屋から太平洋が一望のうえ、海を眺めながら檜造りの風呂(女風呂と書いてあった) 満足・満足。夕食の刺身・カツオのたたき・焼魚と実に旨い、同宿のひとりへんろのT・Fさんと明日からのへんろ談義で盛り上がった。

 いよいよ足摺岬へ
 朝4時に目が覚め、水平線に昇ってくる太陽を見て感動し7時前にスタート、サーフィンを楽しむ若者を横目に、伊布利へんろ海岸道を登り・下りしカツオ節・ダシ工場に立ち寄り、オバちゃんと立話、23キロを6時間かけて足摺岬に着く、足摺岬は貧乏学生の木村功、旅館の娘津島恵子、薬売りの殿山泰司の映画を思い出したながら大きな海と波砕ける崖の上の灯台をボーと眺めた。
宿は、ユースホステルで汚くウーン?である。
翌日は打戻り、来たへんろ道を「民宿いさりび」へ。同宿のへんろT・Fさんと明日からの歩き対策でまた盛り上がる。足は、流石に腫れてきた。

 6日目 亀で有名な39番延光寺へ 32キロ
 眞念庵入口の山道を同宿の二人連れとスタート、だらだらした登り12キロで三原村へ。今日は日曜日、数十人?の村人総出で道路の草むしり、気軽に声をかけられ元気がでてくる。
眞念庵の分かれ道で旧へんろ道は「はじめて遍路さん」にはムリとのことで、県道・国道・ダム道路を歩き亀の延光寺に到着し、白衣の背中の右に鶴林寺の鶴、左に延光寺の亀、めでたく朱印が揃い気分よく私ひとり「鶴の屋旅館」へ、落ち着いた感じのいい女将に洗濯の接待をうけた。

 7日目 40番観自在寺 26キロ
 岩本寺で一緒のへんろオジんOさんと小雨の中をスタート、8キロ先の旧へんろ道がわからずウロウロ、高知はへんろ標識が少なく往生する。 
へんろ入口から本降り、途中で「荷物なし歩きへんろツァ−」の一団に追いつき、追い越し、追いぬかれた。本降りの雨でも山道は木がカサになり、それほどぬれず気分よく歩くが、また標識が見つからず迷う・・・。本当に不親切と愚痴ったら国道に出た。
雨はやみ40番観自在寺に、宿は築120年「山代旅館」ご主人が「私の代でおしまいです」と寂しそうに話されたのが印象的でした。歩く仲間4人が宿で再会しビールで乾杯、足の痛みはやわらいできました。

 8日目途中一泊 9日目で41番龍光寺   55キロ
 同宿者3名と小雨のなか標高460メートルの柳水大師峠のへんろ道を、山伏風の遍路二人連れが「南無大師遍照金剛」と大声をかけあって登ってくる、私の仲間二人も負けずにかけ声、私は疲れて声も出ず。
霧に包まれた頂上で握り飯を食べる、田舎道を下り橋を渡ったら、門構え、瓦屋根等々タイムスリップした街並に築150年
のお宿「三好屋」に到着。 豪華な郷土料理をこれでもかと食べて寝込んだ。
翌朝、女将に見送られ、近道を通らずにへんろ山道を登り、のぼりで頂上へ、下りは砕石場がいたる所に見られ自然が破壊されていくと感じたが・・・・・
12時前にJR宇和島駅で仲間と別れ、私は41番寺を打ち、山門前の飯屋「長命水」で休憩、話し好きの
ご主人が今話題の管総理のへんろ姿と一緒の写真をこれを見よと・・・、自慢話を散々聞かされた。 
宇和島駅前の小粋な店で旨い肴と美味しいお神酒でひとり乾杯。 明日は千葉に戻る。

追記
 今回は、寺から寺が長い道のり、本当に歩いたと実感したが「歩きへんろ仲間」と親しくなり、雨や血豆に悩まされたが、へんろ歩きを楽しみました。
88ヵ寺1116キロの半分超682キロを歩いたので、あと2回で結願できるか・・・・・
次回は10月初旬に??



 ☆関連投稿  
   歩き遍路(2009.5.17)
   四国・徳島一国、ひとり歩きつづき遍路(2009.7.8)
   つなぎ遍路 ひとり歩き高知、修行の道場(2009.11.11)
   つなぎ遍路 ひとり歩き「修業の道場パートU、高知編」(2010.5.5)
ひとり歩きつなぎ遍路「修業の道場(高知県)」から「菩提の道場(愛媛県)」へ(本投稿)
   一人歩きへんろの旅(2010.12.21)
   結願・・四国一人歩き遍路、延べ49日1200キロ(2011.5.5)


ホームへ戻る
Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved