ホノルルマラソン、走り歩きそして走ってゴール
 小川 覚司
2012.12.29投稿


私は70歳、走りは42歳から28年目、ホノルルを走ろうと6月に誘われ
最初で最後のマラソンに挑戦することを決めた。
目標は三つ

  1. ゴールを駆けぬける
  2. 朝5時スタート、ゴールは正午前で7時間以内
  3. 景色を眺めてランを楽しむ

「練習はウソをつかない」を肝に銘じトレーニング
7・8月暑い、本当に暑い 2・3日おきにラン&ウォークを2時間超
9月 3時間超20キロ、走り過ぎて膝を痛める
10・11月 膝にテーピング、4時間超で30キロ走るも不安
12月9日 ホノルルマラソン

ホノルル


● レース序盤(スタート〜10キロ)

まだ暗い朝5時、気温18℃、盛大な花火の紋様を眺めスタート、クリスマスイルミネーション通りの5キロ地点を軽快にラン、大勢の応援を受けワイキキ海岸の10キロを通過。   1〜5キロ 42分  5〜10キロ 43分

    
● レース中盤(10〜30キロ)ホノルル

ダイヤモンドヘッドへ緩やかな登り、地平線から朝日が上がりランナー大歓声、
フリーウエィ(高速道路)に入り単調な直線が続く、気持ちよく走りハーフを3時間10分、右足違和感に用意のサロンパスエァーを、まわりのランナーもガードレールに足を乗せストレッチする人が多い。
折り返し手前で仲間とすれ違い、お互い声をかけ励ましあうが何と10キロ先を走っている。気温は28℃に、ゴールへ根性で頑張るのが一番危険と感じ
25キロより早足ウォークに切り替える。
10〜15キロ 48分 15〜20キロ 51分 
20〜25キロ 50分 25〜30キロ 50分 

● レース終盤(30キロからゴールへ)

フリーウェイに戻り、すれ違うランナーの多さに驚きながらハィタッチ、30キロで笑顔の記念写真を撮ってリラックス。
残り7キロ、周辺は高級住宅街、ダイヤモンドヘッドの登りがきつい、ゴールまで2キロ、ロングスパートをかけても歩きと同じ、もどかしさを感じながらゴール公園の直線500メートル、鈴なりの沿道を夢中でゴール板を通過。
6時間52分41秒、完走者24114名中キリのよい17000番、後続者が7114名、ランニングライフの節目を終えた。
 30〜35キロ 52分 35〜40キロ 52分














 ホームに戻る

 Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved.