ホームへ戻る 
               
ホーム>同好会紹介

『やじろべー』紹介のページ

どんなジョギング同好会?
 「走ることって、1人じゃなかなか続かないのよね〜」そんな思いに共鳴した数人が出会い、同好会を結成して今年で18年目となりました。≪緑豊かなホームグランド&専任コーチ≫といった恵まれた環境に育まれ、個々それぞれに走る楽しみを見つけて集まっています。健康維持のため、走る事を学び楽しみたい、マラソン大会で記録を狙いたいなど目的意識は様々。メンバーは20〜70代(半世紀の年齢差!)。レベルもジョギング初心者からシリアスランナー、更には国際マラソン経験者と幅広く、ひと口に言えば“ランナーの坩堝(るつぼ)”でしょうか。
 私達と一緒に走りませんか?
会長 小野 一夫
役員 元村 誠
竹内 町子
山口 幸雄



主な活動
● 定期練習会(第2、4水曜 9:55〜12:00)
● 新年会、総会、暑気払い 他
● マラソン大会へ出場(年3〜4回)


   コーチ プロフィール
 ● 三井 純一 現在、当同好会コーチの他に、マラソンチーム主宰、ストレッチ指導、大学の陸上部トレーナー等を勤めている

★資格等
 ・ 財)日本コアコンディショニング協会
            マスタートレーナー ・ 講師
 
 国際救命救急協会 アドバンストインストラクター
 
 社)鬼ごっこ協会 準会員

★三井純一コーチブログ
  http://tmj.way-nifty.com/mitsuicoachblog/cat20819552/index.html


同好会のあゆみ
2000年 5月 24日 千葉県主催ジョギング教室から引き続き 有志4名が三井コーチのもとに設立
11月 初公式戦 東京ベイ浦安シティマラソン
2001年 7月 ジョギング同好会やじろべー と命名
10月 初代ユニフォーム 完成
2002年 2月 やじろべー「のぼり」 完成
5月 あさひふれんど 会員募集記事 掲載
10月 やじろべー通信 発行開始 (2006年4月まで通算44号が発行された)
12月 3名が初めてホノルルマラソンに挑戦
2003年 5月 第一回定期総会 開催
5月 会則制定
11月 1名が東京国際女子マラソン 初出場
2005年 2月 2代目ユニフォーム 完成
4月 月刊誌courir ランニングクラブ訪問記事 掲載
2006年 3月 読売新聞 クラブ紹介記事 掲載
5月 mixiコミュニティ 開設
2007年 6月 第2陸上競技場 利用開始
6月 ホームページ 開設
2008年 2月 記録集発行 再開 (2000〜2003年版以来)
3月 Athlete(千葉市スポーツ情報誌)  サークルリポート掲載
2009年 10月 TV番組 走る男?出演 (千葉県総合スポーツセンターにて収録)
10月 走る男?出演写真集 発行
2010年 5月 10周年記念Tシャツ 完成
5月 10周年記念練習会 開催 (生命の森リゾート 日本エアロビクスセンター)
6月 十年のあゆみ 発行
2014年 11月 15周年記念Tシャツ 完成
2015年 1月 2014年会員記録集発行
2月 やじ☆スポ復活(現在vol.8)
3月 皇居で初練習会


同好会名の由来
 準備運動としてよく行う“股関節の可動域を広げる体操”(左写真)から由来しているという説と、“コーチを軸に速い者、遅い者がバランスを取りながら練習するから”という説があるようです。

 果たして真相は? 古参会員が答えてくれることでしょう。


会員構成 (2011年5月現在)


   「設立当時の思い出
 初代会長  西野 昭子
  20005月、千葉県主催のジョギング教室から引き続きの有志と三井コーチのもとジョギング同好会を立ち上げたのですが全くの初心者3名(男1、女2)で心細くもあり何度解散を考えたことか、しかし半年後位から少しずつ入会者も増え、会名をと考えた結果、コーチを軸に早く走る人、マイペースで楽しみながら走る人とのバランスを取る意味で“やじろべー”と命名しました。今では県内はもちろん、国内外の大会に参加した会員の嬉しい報告を聞き、立派に成長した“やじろべー”を誇らしく思っています。
 継続は力なり、創始者の男女とも最年長で“やじろべー”の由来どおりマラソンを楽しみながらボチボチ走ってます
     

 このページの先頭へ▲

 Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved.