ホームへ戻る 
               
ホーム入会案内定期練習会記録>定期練習会の記録2010

 定期練習会の記録 (2010年)  
★ 過去の定期練習会時に実施された主な内容を記録してあります。
★ 他の定期練習会の記録は下記の該当年をクリックしてください。
   2011年2009年2008年
★ 写真を中心にした定期練習会の詳細はこちらです。 → クリックで定期練習会の詳細へ移動

練習日
天候
練習のポイント
ランニングコース
その他
12.22

晴れ
14℃、79%
☆ランニング後に、皆でリレーする速歩大会をします。 走力の差があまり出ないので楽しめます。

☆【園路2kmコース】:1周
☆今行っている体操は、アライメントを整えてきれいな走りに繋げるためにしています。 アライメントとは、骨盤から足先までを真直ぐに整えることで、そうすると100%に近い力を出せるようになります。
☆来年どのような感じになるか思い浮かべ、作戦を立てて楽しみましょう。
12.8

晴れ
11℃、46%
☆大会が終わって疲れが溜まっているので、どうするかを考えながら行う。

☆【園路2kmコース】:3周
☆ウォーキング時のポイントは、まず足の動きを確かめることに有ります。 その結果により今日の体調を判断し、どのようなペースで走るか決めましょう。

☆体験参加者 1名
11.24

晴れ
12℃、45%
☆ウォームアップをじっくり行った後、暖かいところで準備運動する。 前後の各人別レース状況を考慮したペースで走る。

☆【園路1kmコース】:5周
☆疲労回復について「濡れ布団法則」を覚えておく→表面は乾くけれど中は濡れている →レース後は皮を剥ぐように少しづつ疲れを取っていく
☆身体のコア部分(横隔膜〜骨盤底筋群の間)を安定させて走りましょう。
11.10

晴れ
17℃、43%
☆2kmコースをいつもよりは1周多く走る。
☆しばらくアリーナが使えないので 、走り終えたら身体が暖まっている内に体操する。

☆【園路2kmコース】:3〜5周
☆11月は10月に走った距離をもとに、10%程度距離を延ばしていけば故障しにくいです(1回/週程度、経験的にはmax30%)。
☆この時期、始めは暖かい服装しておく必要がある。 さもないと、体温が上がっていない時に風にあたることになり末梢部分から冷えて故障の原因になる。運動後も冷やさないこと。
10.27

晴れ
14℃、36%
☆トラック1周毎にタイムを計り、5000m走る。 後で、どのような感じで走れたかチェックする。
走り終わったら1〜2周、走るか歩いた後にすぐにストレッチをする。

☆【第2陸上競技場】: 5000m
☆今日の5000mを90%程度で走った場合、 そのタイム+2分程度がフルマラソン5kmの通過ラップの目安となります。

☆大会選定にあたっては、一生懸命走る大会と楽しんで走る大会に 分けて選ぶと良いでしょう。
10.13

曇り
23℃、80%
☆久しぶりにアリーナが使えるので、 走り終わってからのストレッチをじっくり行います。

☆【園路2kmコース】:3〜4周
☆10月は走る時間に注目し、LSDを行ってみましょう。

☆体験参加者 1名
9.22

晴れ
30℃、66%
☆花見川沿いの不整地を走るので足のトレーニングになります。 上から下にソフトに着地することがポイントになります。

☆【花見川サイクリングロード】:
     花島橋〜弁天橋往復 6.1km
☆ストレッチの時に自分の身体のバランスを見て元に戻すようにしましょう。

☆コースのポイントとなる景色は覚えておくようにしましょう。 帰路のペースを調整する時に役立ちます。
9.8

雨
26℃、85%
☆濡れても良い服装で、雨の中を走ります。 少し涼しいので、2kmコースx3周が目標です。

☆【園路2kmコース】:3周
☆9月のトレーニングは、記録的な猛暑をもう少し頑張って乗切る事です。
涼しい時間帯でトレーニングし、少しずつ走る時間を長くしていきましょう。
8.25

晴れ
31℃、69%
☆今日の様な日は一所懸命やりすぎると熱中症になります。 タイムを気にせず、ウォームアップ時に体調を調べ目安をつけて走る。

☆【園路2kmコース】:〜2周
☆アイシング用氷の作り方について、実際に実施しました。
8.11

曇り
29℃、74%
☆腰まわりの体操を重点的に行います。

☆【園路2kmコース】:2周
☆上から見た骨盤ボックスのイメージをしっかり作りましょう。 腰まわりの筋肉を伸ばして動きの不具合が解消されると、 つま先と膝の方向が一致するようになり故障しにくくなります。
7.28

晴れ
32℃、57%
☆今日のように暑い時は、寝不足だと危ないので気をつけましょう。 歩いている時に身体の具合を確認しましょう。
スポセン内が全体に混雑しているので、比較的空いているコースを走ります。

☆【陸上競技場往復(1580m)コース】:1〜2周
☆「新ノンアルコール・ビールティスト飲料 キリンの休む日の0.00%」は、「回復系アミノ酸オルニチン」が配合されているので 走った後に飲むのにビールよりは適しています。
7.14

晴れ
29℃、68%、
南西の風 10m/s
☆体調に合わせて距離を決め、2周走ったら給水する。スピードは気にせず自由に走る。

☆【園路1kmコース】:〜5周
☆夏場に体力を使い切らないで、秋に向けて残しておくことが重要です。 冷房の中に長時間いる方は、敢えて暑い時間に普段の1/3以下の運動をする。 それ以外の方は、気持ちの良い時間にトレーニングする。

☆体験参加者 3名
6.23

小雨小雨
25℃、83%、
南西の風 13m/s
☆なんとか天気がもちそうなので、ウォーキンググループとランニンググループに分かれて、園路を周回します。

☆【園路2kmコース】:2〜3周
☆自宅で色々な課題が続けられるように、コーチが「絶対マスターシート」を作りました。

☆体験参加者 2名
6.9

雨
19℃、77%
☆ミーティングとふくらはぎのストレッチを行った後に、雨が止むのを待ってランニング。

☆【園路2kmコース】:2〜3周
☆ふくらはぎは疲労物質が溜まり、硬くなり易い。 その状態で運動に入るのはよくありません。
5.26

曇り
19℃、70%
【10周年記念 練習会】

場所:生命の森リゾート 日本エアロビクスセンター
時間:10時〜15時

☆5班に分かれて生命の森内を、思いのままジョギングツアー
☆大浴場でリフレッシュ後に、館内レストランで記念会食
5.12

小雨小雨
16℃、83%
☆雨が小降りになったのを待ってから、軽くランニングをした。

☆【園路2kmコース】:2周
☆この季節は、気温が高くて湿度が35%位だと脱水症状になり易い。 大会前日に、1日かけて1.5L程度の水を飲んでおく必要がある。

☆体験参加者 1名
4.28

雨
15℃、89%
☆3.24と同様に雨のため、初めからアリーナで足腰まわりを中心とした筋力アップをたっぷり行う。 ☆室内トレーニングの時は、1〜2個覚えて帰り家でやるようにしましょう。
4.14

晴れ
15℃、28%
☆リレーマラソンの予行練習を行う。
  ウォーミングアップ・準備運動は、 リレーチーム毎にチームワークを発揮しながら行う。

☆【第2陸上競技場】:
  2〜4人のチームに分かれ、2周づつ走りながらリレーしていくことを30分間続ける。
☆ウォーミングアップ時に使ったマイクロハードルを越える時は、足をきちんと上げること。 この目的は、ひざをきちんと上げる動作を入れることにある。

☆走り終わってからすぐに止まると、心拍数が落ちて疲労物質が溜まり易くなる。 ウォーキングやジョギングでつなぎ、疲労物質の除去を早くし、次の走りに備えること。

☆体験参加者 3名
3.24

雨
7℃、83%
☆雨のため、初めからアリーナで足腰まわりを中心とした筋力アップをたっぷり行う。 ☆5月参加予定の「青葉の森リレーマラソン」のコースはおよそ半分が坂になっています。下り坂で故障することが多いので重点的に鍛えます。
3.10

曇り曇り
7℃、76%
☆青葉の森リレーマラソンに向け、上り下りに対応する筋力を高める。

☆【野球場周り(605m)】:全力1周x2
☆リレーはどうしても速く走らざるを得なく、脚筋力が足りないと下り坂で故障し易くなる。 その対策トレーニングが、“スキップをしてからダッシュ”することです。
2.24

晴れ晴れ
13℃、61%
☆次の大会(東京マラソン等)に向けて、ペース感覚を磨く。
  →1周毎のラップをしっかり取る
   →それを踏まえて2周目をどう走るか、考えながら走る。

☆【園路2kmコース】:3周目安
☆3・4月で記録が出せるシーズンは終わりますので 、走る事を中心としたトレーニングはあと1か月程度です。 その後は、基礎の動きを中心にしたトレーニングになります。
2.10

曇り曇り
10℃、62%
☆ペース感覚の体得。

☆【第2陸上競技場】:3000 or 5000 m
☆レース記録を書いて提出して下さい。大切なのは、どこがうまく走れたか確認することです。 失敗したことは思い出さなくてもいいです。同じことをやるので。

☆体験参加者 1名
1.27

晴れ晴れ
9℃、35%
☆丁寧な動き作りをしっかりと行う。

☆【園路】:2kmコースx(2〜3)周
☆今回も練習風景の写真をmixiに掲載しておきます。
 他の人が走っている姿を見て、取り入れたら良いところを見つけておく事が大切です。
1.13

曇り曇り
8℃、23%
西北西の風10m/s
☆ヒップスイングのドリル実施
☆寒いのでウォームアップをじっくり行った後に走る。

☆【園路】:2kmコースx2周
☆コーチから提示された年頭の目標:

『ハイレベルな健康を維持して2010年で一番いい身体を作っていきましょう!』
 このページの先頭へ▲

 Copyright (c) @2007 JD-Yajirobe all rights reserved.